人生は短すぎる…ガラスの仮面もドラえもんも全巻読みたいのに…。ドカベン・大甲子園の再読も…。アストロ球団も未読だし…。


by netaro004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:気になる歌詞( 6 )

こんなんでええんかい?

TVサイズ! 特撮ヒーロー主題歌大全 1966-1976の中の1曲に衝撃を受けた。

メロディじゃなく、歌詞そのものに。

それはNo.43「ヤマトタケシの歌」~愛の戦士レインボーマン


すっごい切なげなトーンで、いきなりこう来る。

 どうせこの世に 生まれたからにゃ
 お金も欲しいさ 名も欲しい
 

 …。イヤ、素直と言えばとても素直ですが、これはヒーロー物の歌ではないのか?
 鬱屈した貧乏学生の歌なのですか?

次。

 自分のしあわせ 守りたい

 …。ま、まあ、そらそうですわな。人間であらばそう言うもんですけど、繰り返しますが、あんた、ヒーローでっしゃろ??


その次。

 ぼくだって人間だ

 …。あ、そら失礼。人間でしたか。いやいや、そうは言うてもレインボーマンでっしゃろ?通常の人間とはちょっと違いませんか?

またその次。
 
 ぼくだって若いんだ

 …。ま、まあ、若いときは色々遊びたいとかありますわね、そら。で、でも、さんざん繰り返しますけど、あなたはヒーロー(以下略)

ラスト。

 けれどもその夢 すてさせる
 この世の悪が すてさせる


 …。な、なんか使命感とかでなく、個人的な怨恨を持ちつつ悪と戦っている風情がプンプンするな、こいつは。
 「お前のせいで、オレは遊べへんやんけー!!」とかそういう風に。

 あのう…。結果的にはしっかり悪と戦っておられるんですから、あんまりメソメソとそういう事を言わずに、カッコよくやりましょうよ。葛藤とかそういうレベルじゃないぞっ。

 てか、ほんま凄いな、この歌詞。川内康範さんって凄いセンスだと。
 メロディもしっかりマッチしてましたんで、ある種、名曲ともいえるのかも。
 忘れられへんわ。
[PR]
by netaro004 | 2005-09-19 00:51 | 気になる歌詞
最近、何となく往年のアイドル・Jポップ系を聴いてたが、気になったのがこの曲。

清く、正しく、美しく♪」って、「当て逃げ」する人が歌ってたんですなあ。もう「アイドル」じゃないからいいってことだろうか?

とっても笑えた。と同時に、ワイドショーで取り上げる際はやっぱりこの曲がBGMだったのだろうか、と気になった。
[PR]
by netaro004 | 2005-03-20 00:04 | 気になる歌詞

マイムマイム

最近とあるHPで知った。

=フォークダンス、と言う印象のこの曲は、
イスラエルの曲で、砂漠でMayim(ヘブライ語で「水」ですって)を見つけた嬉しさを歌った曲だとか。

ほっほう。勉強になったわー。昔よく、何も知らずに踊らされてたもんだが。
背景も教えろよ>学校。
[PR]
by netaro004 | 2005-02-24 00:53 | 気になる歌詞

十五夜お月さん

小生、
「十五夜お月さん 御機嫌さん♪」
のところしか覚えてなかったんで、特にどうも思わなかったのだが、此度よく聴いてみると、きっついっすわ

1番。
十五夜お月さん ごきげんさん
ばあやは お暇 とりました


うーむ。いきなりばあやとお別れかい。円満退社かリストラかが気になるが、どっちにせよ、ばあやとの別れは切なかろう。

2番。
十五夜お月さん 妹は
田舎へもられて ゆきました


今度は、妹との別れかい。しかも、「もらわれて」ってのが何ともなあ。時代が昔やし、ままあったことかもしらんが、切なかー。

で、3番。
十五夜お月さん かあさんに
も一度わたしは あいたいな


おいおい、どう言うことやねん。母親とも一緒じゃない、と。死別か離別か知らんけどさ、切なすぎですわ。

メロディだけでも切ないのに、歌詞1-3番合わせたら、大概ですわ。

ついでに「赤とんぼ」も
[PR]
by netaro004 | 2005-01-17 23:36 | 気になる歌詞

赤い靴

何かぴんとこんのよね、この歌詞。

まず1番はこう。

赤い靴 はいてた
女の子
異人さんに連れられて
行っちゃった


「異人さん」の部分を「いー爺さん」と間違ってたとか、そういうボケ(byわしの知人)はさておき、これだけでは一体どう言うことかさっぱり分からん。5W1Hが満たされてない、とりわけ、「連れて行く」のなら、「Where」は重要だろう。

で、続きに2番。

横浜の 波止場から
船に乗って
異人さんに連れられて
行っちゃった


なるほど。ちょっと分かった。要するに異人さんの故国へ連れて行かれたんだな、と。といっても、やっぱり「連れて行かれた」背景が分からんやないか。

しかし、問題なのはここから。
3番がおかしい。

今では 青い目に
なっちゃって
異人さんのお国に
いるんだろ


どう言う意味やねん。別に連れられて行こうがどうやろうが、目の色は変わらんやろう当時はそういう理解やったんかねえ。時代を痛感させられる。それとも高度な比喩か何かか?

〆に4番。

赤い靴 見るたび
考える
異人さんに逢うたび
考える


何をを?「思い出す」くらいならまだしも、「考える」。何を?

よく知らないんだけど、かなり昔の作品というのを思うに、日本の可愛い女の子を現地に連れて帰る外国人の話か?だとすればある種の人身売買的なんで、「考える」も納得いくが、それにしても、実に重たい歌ではないか?きっついのー。

と書いてから調べてみたら、実在のモデルがいて、結局海は渡らなかった、とか。にしても、メロディも相まって、めっさ切ないわ、この曲。
[PR]
by netaro004 | 2005-01-14 00:50 | 気になる歌詞

一休さん

"2番"が、かんなりキッついと思うんですが…。

心はやさしく 一級品♪
おつむはくりっくりだよ 一級品♪
お目目は可愛く 一級品♪


ここまではいいんですけどね、

次が…
[PR]
by netaro004 | 2004-11-30 00:36 | 気になる歌詞